男性にもある更年期障害

更年期障害を女性のみの症状と思っている人が殆どですが、男性にもあります。

そもそも、年齢を重ねる事で女性の卵巣機能低下による、ホルモンバランスが崩れる事で起こる症候群です。
ひどくなると仕事はもちろん、日常の家事が出来ない状況になったりもします。
医学的には、卵巣機能の低下を引き起こすエストラジオールの欠乏や、エストロゲン欠乏が原因とされている様です。
症状としては、血管運動神経の不調によるほてりやのぼせ、多汗が上げられ、精神症状では情緒不安定、イライラ、抑うつなどが多いとされます。

男性に関しては、40代以降に起こる事があり、30代前後から減少される男性ホルモンのテストステロンが、睾丸の卵巣から分泌される量が減少する事から起こると言われています。
症状は明確で、EDによる勃起不全、体毛の減少、筋肉の衰えです。
EDは、バイアグラ等の医薬品で補う方が多いのもその影響でしょう。
女性と比べて問題視されにくいのは、テストステロンの減少が緩やかであり症状が出にくい為とされている。
また、症状が出るのは個人差があり、単なる年のせいで簡単に片づけられてしまう傾向もある様です。

現在では改善する為に医薬品 通販が最も多く、活用されているそうです。